1. caption01
  2. caption01
  3. caption01
  4. caption01

ツール・ド・北海道2012(UCI2.2) 第2ステージ

2012年9月16日 Web Staff

ツール・ド・北海道第2ステージが当麻町から美瑛町を結ぶ159kmで行われ、最後の丘で抜け出した数名のスプリントをスプリントで制したマッシミリアーノ・リケーゼが優勝、同時に総合リーダーに躍り出ました。

 

 

レースはスタートからアタックの応酬に、昨日のステージ覇者である黒枝士揮選手を守るため鹿屋体育大学が先頭にでてコントロールします。しかし序盤の丘陵地隊に入ったところで10数名の逃げが先行、このタイミングで黒枝選手が不運にもパンク、復帰のためアシスト選手消耗し先行グループとメイン集団とのタイム差が一気に広がってしまいます。この逃げグループにはシマノから鈴木譲選手が入り、その時点でのバーチャルリーダーとなり優位に立ちました。

しかし、十勝岳麓の登り口へ向け総合力に勝るチームニッポが集団を牽引、先頭グループ内でも戦略上積極的に走らない選手が出始めました。
このレース最難関、十勝岳の登りでブリヂストンアンカーの井上和郎選手がアタック、この逃げは強力でゴールまで行くかとも思われましたが、後続の集団が一つになった事により追う動きが活発になります。
ペースを上げる集団はラスト20kmからの丘陵地隊で井上選手を吸収、それまで耐え抜いたリーダー黒枝選手は集団から遅れはじめました。
ラスト10kmの丘でアンカー勢がアタック、この動きで6名ほどが抜け出します。平塚選手がジャンプアップを試みましたが、タイミングが遅く届きません。結局この6名をは最後まで逃げ切り、スプリント力では他を圧倒するマッシミリアーノ・リケーゼ選手が先着、総合でもリーダーとなりました。シマノレーシングの鈴木譲選手は10秒程遅れた集団内でゴール。総合成績で水をあけられてしまいました。
明日は200kmのロングレース、最後の逆転を目指し走ります。
第2ステージ競技結果
○区間順位
1位 4:00'28" 004 リケーゼ マッシミリアーノ チームNIPPO
2位 4:00'28" 073 西薗良太 BGT-JPN ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 4:00'28" 094 増田成幸 BLZ-JPN 宇都宮ブリッツェン
4位 4:00'28" 093 飯野智行 BLZ-JPN 宇都宮ブリッツェン
5位 4:00'30" 062 窪木一茂 MTR-JPN マトリックス パワータグ
○個人総合順位
1位 7:56'31" 004 リケーゼ マッシミリアーノ チームNIPPO
2位 7:56'41" 073 西薗良太 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 7:56'43" 094 増田成幸 宇都宮ブリッツェン
4位 7:56'46" 062 窪木一茂 マトリックス パワータグ
5位 7:56'47" 093 飯野智行 宇都宮ブリッツェン
○ポイント賞
1位 45pt 004 リケーゼ マッシミリアーノ チームNIPPO
2位 25pt 051 黒枝 士揮 鹿屋体育大学
3位 20pt 073 西薗良太 BGT-JPN ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
○山岳賞
1位 13pt 014 ハミルトン ニック ジェリーベリー・サイクリング
2位 10pt 072 井上 和郎 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 9pt 062 窪木一茂 マトリックス パワータグ
○チーム
1位 23:50'36" 宇都宮ブリッツェン
2位 23:50'41" ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
3位 23:50'44" チームNIPPO
○U23賞総合順位
1位 7:57'02" 101 中尾 佳祐 順天堂大学
2位 7:57'02" 181 雨宮 正樹 日本大学
3位 7:57'02" 172 山本 隼 中央大学

 

Contents

シマノレーシングパートナー