1. caption01
  2. caption01
  3. caption01
  4. caption01

広島県中央森林公園にて、行われた西日本チャレンジサイクルロードにて鈴木譲選手が優勝!

2012年3月22日 Web Staff

日時:2012年3月18日(日)
場所:広島県・中央森林公園61.5km(12.3km×5周)
参加メンバー:鈴木譲・畑中勇介・平塚吉光・入部正太朗・野中竜馬


シマノレーシングは召集場所を把握しておらず、

数秒スタートに遅れてしまうというハプニングの中、レースを走り出しました。選手は冷静に集団最後尾から先頭に上がり無事レースに合流。他チームもシマノレーシングが遅れていることを知り、スタート後のペースアップを控えていてくれたとの事。ご迷惑をお掛けしました。

1周目早くも鈴木譲のアタックでレースが動きます。5名ほどの先頭集団には入部もは入り、他の有力選手と先行しました。後方ではマトリックス・パワータグを中心に先頭を追い、2周目にはレースは振り出しに戻るかと思われました。しかし、吸収されるタイミングで再び攻撃に出た鈴木譲が宇都宮ブリッツェンのエース、増田成行選手を引き連れ先行します。

2名の逃げを追う後続集団では、前日に国際レースを終え、台湾から帰国したばかりの畑中勇介が飛び出します。しかしこの追走はマークに合い思うように追走のペースが上がりません。

レースはそのまま後半戦へ、ラスト1周のラインを単独で通過したのは、登りで増田選手を置き去りにした鈴木譲でした。しばらく10秒ほどの差で走っていた2名の差は徐々に開き、譲の勝ちは決定的なものとなります。

最初のアタックから最後の瞬間まで圧倒的な力を見せ続けた鈴木譲は後続に1分の差をつけて優勝。増田選手が2着となりました。

3位争いは有力選手が多数入るスプリント勝負になり、初山翔選手(宇都宮ブリッツェン)が先着、平塚吉光が僅差で4位に入りました。

優勝した鈴木譲は、1週前のJプロツアーに続き2週連続の優勝、誰もが認める圧倒的な力を見せての勝ち星を挙げました。

A-E 61.5km
1位 鈴木譲(シマノレーシング)1時間32分22秒47
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+1分00秒
3位 初山翔(宇都宮ブリッツェン)+1分22秒
4位 畑中勇介(シマノレーシング)
5位 飯野智行(宇都宮ブリッツェン)
6位 廣瀬佳正(宇都宮ブリッツェン)
7位 入部正太朗(シマノレーシング)
8位 小橋勇利(松山工業高校)
9位 普久原奨(宇都宮ブリッツェン)
10位 野中竜馬(シマノレーシング)
Contents

シマノレーシングパートナー